カントン包茎の術後に飲食物やアルコールは制限されるの?

カントン包茎術後に避けておきたい飲食物

カントン包茎はクリニックでの手術で解消することができます。
手術と聞くと術後、痛みがあるのではと不安に感じる方も多いかもしれませんが、ほとんどのケースでクリニックから処方された痛み止めを服用すれば対処できる程度ですので、術後の痛みはさほど心配しなくても良いでしょう。

ただ、カントン包茎の術後には避けて起きたい飲食物というものがあります。
特に注意したいのがアルコールと辛いもの・香辛料です。
胃や腸といった内臓を手術する訳ではないので、カントン包茎術後にNG飲食物があるのが不思議に感じる方もいるかもしれません。

カントン包茎は手術で治すので男性器にメスを入れて縫合することになります。
アルコールや辛いものに香辛料といった飲食物は、血液の流れを良くする作用があります。
血行が良くなることによって、痛みや腫れの症状が悪化してしまいやすくなるのでカントン包茎術後、このような飲食物は避けるようクリニックから指示されるのが一般的です。

飲食物以外にカントン包茎術後に避けておきたいこと

カントン包茎術後、アルコールに辛いもの・香辛料といった飲食物を避けるという他に避けておきたいことがあるので、施術を考えている方は事前にチェックしておくと良いでしょう。
カントン包茎術後、激しい運動や入浴はNGです。

運動や入浴もアルコールの摂取などと同じく、血液の流れを良くする作用があるので術後の痛みや腫れが強まるリスクがあります。
スポーツジムなどで筋トレを行う場合などは5日から1週間、ジョギングは10日間ほど、サイクリングに野球やサッカーなどは10日から2週間ほどお休みしましょう。

お風呂に入るのも血行が良くなるだけでなく、感染症を発症するリスクが高まるので術後約2週間ほどはシャワーで済ませるようにします。

また、喫煙している方は医師に相談して禁煙するのがおすすめです。
たばこを吸うことで血行が悪くなり傷口の治りが遅くなってしまうためです。
術後ある程度、痛みなどの症状が治まるまで禁煙するのがベストと言えます。

まとめ

カントン包茎の術後、避けておきたい飲食物というものがあります。
アルコールや辛いもの・香辛料です。
これらの飲食物は口にすると血液の流れが良くなります。
血行が良くなると施術を受けた部分の痛みや、腫れといった症状が強まるリスクがあるので避けた方が無難です。

また、飲食物以外に避けておきたいのが運動や入浴です。
これらも血行促進作用によって、術後のダウンタイムタイムが長くなります。
タバコを吸う方は傷の治りが遅くなるので禁煙すると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です