カントン包茎の術後の入浴やシャワーは大丈夫?

入浴は傷口を濡らしてしまうのでダメなことがほとんど

カントン包茎を改善するため、施術を受けた人は術後に即日入浴が難しくなっています。
その理由としてカントン包茎の施術は、少なからずダメージが発生しており、傷口が濡れてしまうことで広がってしまう恐れがあるからです。
傷口が濡れてしまうと痛みが激しくなったり、出血してしまうなど体に大きな負担が起こってしまうので、何としても回避しなくてはいけません。

多くの男性がカントン包茎の施術を受けている中、即日入浴は控えている状況です。
術後ある程度の期間が経過すれば、回復するのでそれに合わせて入浴できるようになります。
ただ回復力はカントン包茎の施術を受けた男性で異なっているため、状態をよくチェックしないといけません。
個人で判断するのが難しい場合は、施術を受けたクリニックの医師やスタッフに相談することも大切です。

見た目以上に大きなダメージが発生している恐れがあるので、術後の入浴には気を付けないといけないです。

シャワーは工夫することで即日使用できる可能性

シャワーに関しては、傷口を濡らさないことを前提に使用することが可能になります。
即日でも傷口を濡らさなければ、広げてしまう可能性を減らせるので上手く工夫しないといけないです。
心配な人は無理して使用するのではなく、即日もしくは翌日まで控えるのも一つの方法になります。

男性によってはカントン包茎の施術後、すぐにシャワーを使用してゴシゴシと洗ってしまう方もいますがこれは大変危険です。
大きな刺激を与えることで痛みが起きるだけではなく、出血する可能性が高まるので絶対に実施してはいけません。
術後は回復するまで刺激を与えず、状況を見ながら入浴などを行うのが基本です。

シャワーも使用する時は、熱湯ではなくてできる限り温い温度で使用するのがポイントです。
熱湯だと万が一施術した部分が濡れた時、傷口が広がってしまい、痛みを伴うケースが非常に多いため、ぬるま湯なら濡れてしまっても不快感を最小限に抑えられます。

まとめ

カントン包茎術後、即日入浴は余程のことがない限り、不可能になっていてその理由として傷口が濡れてしまうのが関係しています。
傷口が濡れることによって痛みが発生するだけではなく、出血する可能性が出てくるので多くの男性がカントン包茎術後の入浴を控えています。
シャワーに関しては、傷口を濡らさないように対策することで、即日可能なケースが多いです。
頭や体の一部分だけ洗うように工夫することで、傷口を濡らさないでシャワーを使用できるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です