カントン包茎の術後の仕事や運動

基本的に仕事を休む必要はありません

カントン包茎の手術を受けるにあたり、カントン包茎手術後に仕事を休まなければならないのかと考える人も多いかもしれません。
カントン包茎手術を受けたいけれども仕事に影響があるのか、どれぐらい休みを取れば良いのかなど、事前に把握しておく必要があるでしょう。

基本的には仕事を休む必要はなく、中には仕事の合間に手術を受けて、何事もなかったようにそのまま戻る人も見られます。
特殊な場合を除き、入院の必要もないということです。
カントン包茎の手術はそれほど難しいものではなく、当日から仕事への復帰が可能です。
術後は痛み止めが処方されるので、この痛み止めを服用すれば痛みに対する悩みも十分に対応可能となります。
具体的にはオフィスワーカーや比較的移動の多い営業職、サービス業で一日中たちっぱなしの人でも問題ないでしょう。
しかしジムのインストラクターやスポーツ選手、格闘家などのように激しく体を動かす仕事に携わっている場合には、2日程度は休みをとったほうが安心です。

カントン包茎手術直後は激しい運動は控えましょう

カントン包茎手術後に、どれぐらい経てば運動をして良いのか気になるという人も多いものです。
通常通り仕事をしたり学校に通うことは問題ありませんが、激しい運動はできれば2週間ほどは控えた方が良いでしょう。
カントン包茎手術後は、患部が腫れやすい状態になっています。
長時間走るなどのサッカーや野球、陸上などのスポーツは出来る限り控えるようにしましょう。
立った状態で行わない運動、具体的には腹筋運動や上半身のトレーニングなどであれば、術後一週間ほどすれば無理をしない程度に少しずつ始めることは可能です。
しかし下半身を使わなくても、あまりにも激しく動くと全身の血流が良くなって、患部が腫れてくることも考えられます。
自分の体の様子を見ながら、無理をしない範囲で少しずつ始めることを心がけましょう。
手術後1ヶ月もすると傷跡や腫れも落ち着いてくるため、普段通りの運動や激しい運動をしても問題はありません。

まとめ

このようなことから、カントン包茎手術を受けた後でも、すぐに仕事に復帰することは可能です。
なかには仕事の休み時間を使って手術を受けて、すぐにまた仕事に戻るというケースも多く見られます。
とはいえ激しく動く仕事に携わっていたり、激しい運動はしばらくの間控える必要があります。
手術した部分は腫れやすい状態にあるため、血流が良くなると出血するなど危険な状態になる可能性があります。
仕上がりにも大きな影響を及ぼすことになるので、自分の体を一番に考えることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です